Home > プーケット到着後の結婚式準備, 海外挙式費用節約 > プーケット1日目~新郎衣装・親への記念品選び~

プーケット1日目~新郎衣装・親への記念品選び~



スポンサードリンク

今日は結婚式参列者が昼過ぎにはプーケットに到着するので、それまでに色々と回らないといけません。今日必ず終わらさないといけないのは、彼の衣装選びと、親に送る記念品選びです。

彼は着るものはなんでもいい、というタイプなのでできるだけ予算を抑えることを考えて、プーケットでレンタルすることにしました。朝お店が開く時間から動きだして、現地の旅行代理店さんに一緒に回ってもらいました。何軒かウエディング衣装レンタルショップに行ったんですが、やはりタイ風の衣装が多く、西洋風のタキシードを数多くそろえている所が少なくて、あってもデザインが古いとか、サイズが合わないとかでした。

もうちょっとじっくり回りたかったのですが、他にもすることがあるし、時間が無い中で決めなければいけなかったので、3件目に入ったショップで決めました。日本のウエディング衣装のお店から比べると、本当に簡素で細々とやってる感じのお店でしたが、衣装がないわけにもいかないので、半ば無理やり決めましたw

タキシードというよりスーツ、しかも紺色なのですが、割と彼には似合っていてサイズも合うので、それにしました。ネクタイがまた問題ありで、赤とか金色とか派手すぎる色しかなくて、しかも形も大分変わってる・・・(汗)結局一番ましな、エンジのペラペラの細い布を巻きつけて前でクロスするタイプのネクタイにしました。^^;

ヤバイ、太ってるのがバレバレだ^^;しかもネクタイ出てるし。

次に親への記念品選びです。日本で用意してもよかったのですが、せっかくタイに来るんだから、やはりタイにしかないものをあげたかったので、プーケットに来てから探すことにしました。旅行代理店の方にプーケットで一番大きいお土産屋さんに連れて行ってもらい、そこで本物の蘭の花をコーティングして作ってあるブローチを両方の母親へのプレゼントとして購入しました。鎖もついていてネックレスにもなります。これはとてもキレイで、普通に女性へのタイのお土産としてもおすすめです。

 

なんとか参列者が到着する時間に間に合って買い物を終わらすことができ、その間旅行代理店のタイ人のドライバーさんが出席者を出迎えに空港へ。今日全員が泊まるホテル「ディーバナパトン リゾート&スパ」へ。そこで、私たちは待機していて出席者の方々を出迎えました。

その後、女性陣はあらかじめ予約してあったスパへ。その他の人は夕飯の時間まで新郎がパトンを案内。私は挙式会場の「メルリンビーチリゾート」へプレメイクをしてもらいに行きました。

関連記事:

  1. 結婚式写真撮影を友人に頼む
  2. プーケットに向けて出発

Comments are closed.