Home > プーケット結婚式場・ホテル, 結婚式準備 > プーケットで結婚式場とホテル下見(1)

プーケットで結婚式場とホテル下見(1)



スポンサードリンク

2009年9月にプーケットに結婚式場とホテルの下見に行きました。

もともと私は海外での結婚式に憧れていたのですが、なぜタイのプーケットにしようと思ったかというと、出会う前彼が1年程プーケットに住んでいたので土地勘がある、ということと、また私が南の島の海辺での結婚式に憧れていたから、というのがあります。

バンコク経由でプーケットへ。プーケットには彼の知り合いの旅行代理店の方がいらっしゃったので、お願いをして結婚式場を色々と回っていただきました。

 

まず連れていってもらったのが、プーケットの結婚式場といえばここ!という

チャペル・オン・ザ・ラグーン(Chapel On The Lagoon)

 

 

ここはラグーナプーケット内にあって、チャペルがまるで湖の真ん中に浮かんでいるかのような造りになっています。

真っ白いチャペルは全面ガラス張りになっており、360度ラグーナリゾートの広大な景色を楽しめるようになっています。新郎新婦はボートに乗って会場入りするそうです。なかなか神秘的な雰囲気の素敵な式場でした♪

 

 

私たちがチャペル・オン・ザ・ラグーンに行ったとき、ちょうど結婚式をやっているカップルがいたので、ちょっと離れたところから見学させてもらいました。

チャペル近くには小象(いかにもタイらしいですね!)が待機していて、チャペルで式が終わった新郎新婦や参列者が一緒に記念撮影をしていました。小象はオプションでつけられるそうです。その後新郎新婦はチャペルのすぐそばの芝生に移動して、テーブルの上に用意されてあったハートのケーキにケーキ入刀。それからシャンパンで皆さん乾杯していました。

ラグーナプーケットには日本人のウエディングコーディネーターさんがいたので、その後色々と資料を見せてもらいながら説明を受けました。式場の費用はそんなに高くなかったです。貸衣装もあったのですが、これが結構高かった・・・日本とほとんど変わらない値段。タイは物価が安いのにちょっとがっかり。しかも数が少ないし、デザインもちょっと古い感じがしました。

 

ラグーナプーケットを後にし、次に向かったのが近くにある

バンヤンツリー プーケット(Banyan Tree Phuket)

 

 

ここはいかにもタイ!アジア!という感じの造りで全て平屋建て、アジア風だけどなかなか格式高い高級感のある雰囲気で日本人には人気のホテルということだそうです。ラグーナプーケット内にあるので、チャペル・オン・ザ・ラグーンで結婚式をする方たちがよくここに泊まるそうです。先ほど結婚式をされていた方たちもここに泊まっているようでした。

バンヤンツリーでできる結婚式はガーデンスタイルのタイ伝統式ウエディング。私は西洋式がよかったので、ここでの結婚式は私的には”無し”、でした。

 

 

部屋も見せてもらったのですが、バンヤンツリーの敷地は広いのでカートで移動しました。案内されたヴィラはスタンダードのデラックスルーム。ここでも十分な広さ。インテリアは完全なるアジア調。

おしゃれで素敵だったのですが、ホテルが古いせいかちょっと清潔感にかける感じが・・・。それと間取りが変わってるせいか落ち着かない感じがしました。料金もお高めなので、デラックスより上だと結構厳しいかなあ、という感じでした。

 

次に向かったのが、

ル メリディアン プーケット ビーチリゾート(Le Meridien Phuket Beach Resort)

 

 

ここもタイ風バリバリのホテルです。ここはバンヤンツリーほど高級感はありませんが、値段もそれなりにリーズナブルです。

私はこのホテルの造りがイマイチ自分の中でしっくりこなくてダメでした。なんだろう?入口の暗さもあるのかな?全体的な造りもそうですが、ロビーの感じがなんとなく寒々しくて落ち着かない感じでした。入口の雰囲気でここは無いな、と思ったので、部屋は見せてもらいませんでした。

結婚式の会場は外で眼前にビーチがあり、砂浜の一角にある芝生の上に会場を設置するようでした。海が目の前にあるだけあって、解放感が素晴らしく、かなり心を掴まれました。

 

Comments are closed.